なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=976
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 06:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破産宣告者が受ける制約



破産宣告者は、選挙権や被選挙権は失いませんが、本籍地の役所の名簿に記載されることになります。
ですからまさしく破産宣告者は、借金の返済と引き換えに、経済的信用を一切失い、ローンを組んで大きな買い物をすることは不可能になります。
それだけ現実的には破産宣告者の生活というのは、経済的な信用がないうえに、勝手に住居も変えられないことになりますから、不便になります。
経済的な信用を失うということは、クレジットカードなども作れなくなりますし、取引や日常生活の面で苦労することが多くなります。
そのために居住する土地から離れて心機一転することもできませんし、仕事を失う場合もあり、プライベートもはく奪されるのが破産宣告者なのです。
加えて破産宣告者に送られてきた郵便や電報は、本人ではなく破産管財人に送られ、破産管財人がその内容をチェックすることになります。
破産宣告者にはある意味、借金の返済を免れるのと引き換えに、自由がなくなってしまうのです。
また破産宣告者は、裁判所の許可がない限り、勝手に居住地を変えることができなくなってしまいます。

破産宣告者は確かに借金を返済することは免れますが、その代償もかなり大きく、経済的な信用も失います。
ですからできるだけ、破産宣告者にはなりたくないものですから、自分がどこまで借金を支払えるかということを証明しなければなりません。
posted by キャット3号 at 06:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。