なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月14日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=986
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 08:38 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXスキャル業者の選び方


安定性の高いシステムが好評ですが、取引ツールについては、FXスキャル業者とて、分析を行うチャートの機能、注文システムの使いやすさがもう少し欲しいところです。
そして、残りの2つについては、FXスキャル業者として、最低限の水準に達していれば、大目にみることです。
数秒から数分で売買を繰り返すFXスキャルでは、狭さだけでなく広がりの少ない安定度も見て行く必要があります。
そして、約定力とシステムの安定度は、FXスキャル業者の選定にはとても重要で、約定力が低い場合、拒否やスリッページが発生して、トレードが上手く行えなくなります。
重要になってくるのはこの3つですが、FXスキャル業者で、この3つが全て完璧に揃っているところはないでしょう。
そのことから、スプレッドをはじめ、FXスキャル業者では、コストが大きな要素になります。
また、システムの安定度が低い場合、サーバーダウンなどによるトラブルが起こりやすくなって、安定した取引ができません。

FXスキャルというのは、利益の幅を小さく設定して、短時間で売買を繰りかえして利益をあげていく手法となっています。
そして、今のところおすすめのFXスキャル業者と言えば、外為ジャパンが良いといいうことになりそうです。
短期間に決済を何度も繰り返すので、FXスキャルでは、売買の回数が多くなることから、手数料やスプレッドが積み重なります。
スプレッドの幅が広く、コストがかかりすぎると、負ける要素が大きくなるので、FXスキャル業者を探す時は、手数料やスプレッドのコストも考慮しなければなりません。
スプレッドが狭く、サーバーが強く安定した取引が行えて、情報ツールが充実しているFXスキャル業者を選びましょう。
posted by キャット3号 at 08:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。