なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=996
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 10:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅はブログでチェック

ローコスト住宅というのは、一般的にはどのようなものを指すのでしょうか。
あまり知られていないようですが、ローコスト住宅は、広さが35坪くらいで、1000万円台のものを言うみたいですね。
そして、坪単価でいうと大体20万円台〜40万円台前半くらいを、ローコスト住宅と言うみたいです。
勢力を拡大しているローコスト住宅を売りにしている会社には、裏で色々なことがうずまいているようです。
そして、ローコスト住宅の間取りは、四角い間取りで、2階建ての場合は総2階建てにするのが基本のようです。

ローコスト住宅は、最近注目されてきたこともあり、ブログなどでもよく目にします。
ローコスト住宅の特徴は、部材や設備の大量一括購入などで、設計、施工のシステムを合理化することにあります。
そこで、コンセントの追加を依頼するという方法で、追加料金を取ろうとする業者もあるので、ローコスト住宅を依頼する業者は慎重に調べる必要があります。
そして、プランやデザインを狭い枠で限定した規格型住宅にするなどして、ローコスト住宅を作ります。
そして、床や壁の塗装などを自分でしたり、安い設備を自ら調達して、取り付けだけを依頼するなども、ローコスト住宅の1つの方法になります。
とにかくコストダウンにつながるものは大いに利用するというのが、ローコスト住宅のコンセプトです。
色々な工程でコストダウンを図り、できるだけ安い価格を実現するのが、ローコスト住宅なんです。
posted by キャット3号 at 10:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。