なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=997
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 10:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超ローコスト住宅


実は、自己所有の土地があってもったいないので、思い切って新築を計画するつもりなのです。
こちらの条件としては、まず、資金が800万円で、建坪が25坪〜28坪で、2階建ての家なら、間取りなどはこだわらないというものです。
そして、目的としては、10年〜15年しか住まない予定なので、安い超ローコスト住宅を希望しているのです。
超ローコスト住宅を新築で作りたいと思っているのですが、それは果たして可能なのでしょうか。
昔のような規制が緩やかな時ならよかったのですが、現在の厳しい法の下では超ローコスト住宅はできないということでした。
どうせなら、超ローコスト住宅を建てたいので、完全規格住宅でも問題はありません。
そして、意外にも、この場合、住宅で無ければできるようで、仮設住宅ならよいというものでした。
そうしたことが満たされていないと超ローコスト住宅は無理で、規格住宅と考える時点で、既に無理なようです。
そして、火災報知機や、10年保証など、超ローコスト住宅には必要なようです。
究極までローコストを追求した超ローコスト住宅として、アパートの存在があります。
実際に無理に超ローコスト住宅を建てたとしても、美観が悪く、隣近所から苦情が出るのが必至かもしれません。
そして、それを最近人気の超ローコスト住宅で実現してみたく、色々と考えています。
posted by キャット3号 at 10:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。