なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1001
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:02 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅を建築家に依頼する場合


しかし、信頼できる建築家と思っていたのに、検索できないようでは、ローコスト住宅を依頼するのにも二の足を踏んでしまいます。
そして、本当にローコスト住宅を契約するかどうかは、その先の話でもいいでしょう。
その建築家は、著書も多く、テレビ出演などもしている人なので、信用できると思ってローコスト住宅を依頼しようと考えたのです。
そのことで、ある程度、社会的信頼もあると判断して良いので、ローコスト住宅を依頼してもいいのかもしれませんね。
そして、その時、建築家の信頼度を見ようと思って、パソコンで検索したのですが、ローコスト住宅を請け負う建築家の名前が出てきませんでした。

ローコスト住宅を建築しに依頼する場合は、まず、連絡を取って、実際に会ってみるのが一番です。
著書も沢山ある建築士なら、ローコスト住宅を依頼しても問題ないと思うのですが、その辺はどうなんでしょう。
事の始まりは、その建築家の著書を読んで感銘を受けて、ローコスト住宅をお願いしようと決意したのです。
そのため、検索しても出てこず、ローコスト住宅の依頼に躊躇してしまうことが多々あるようです。
会って話してみなければ、相手が自分の気に入るローコスト住宅の条件で受けてくれるかどうかはわかりません。
どうやら、最近の若い建築家は、建築士会、建築家協会に加入していない人が多いみたいなんですね。
posted by キャット3号 at 11:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。