なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年07月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1003
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローコスト住宅の予算


その際、床面積や部屋の広さばかりにこだわらないことが大切で、ローコスト住宅では、住まいを空間として捉えることが大事になります。
もっとも、ただ単に大幅に下回る費用では曖昧すぎて、ローコスト住宅のことはよくわかりません。
まず、ローコスト住宅の平面計画としては、凹凸や曲線のない矩形とするというのが一般的のようです。
そして2階建てのローコスト住宅の立面計画においては、1階2階が同じ形状であることが条件になります。
そして、ローコスト住宅では、同じ規模の総2階建てとするのが基本で、屋根の形状も大体決まっています。
家の規模をコンパクトにまとめることは、そのままローコスト住宅に繋がり、それが、工事費全体を抑えることになるのです。
そして、そのことが、加工費の削減に繋がり、ローコスト住宅の予算を安く抑えることに繋がるのです。
そうした時に、すぐにローコスト住宅の坪単価の設定などを伝えるのは賢明ではありません。ローコスト住宅と言うと、聞いたことはあっても、中々、その中身というのはわかりにくいものです。
また、配管距離を短縮化することで個数を減らし、ローコスト住宅での単価を低く抑えていきます。

ローコスト住宅では、工事費全体を安く抑えられるかどうかで、予算が大きく変わってきます。
ローコスト住宅の依頼を建築家に頼る場合、施主は最初に建築家に会って、色々な要望や条件を伝える必要があります。
posted by キャット3号 at 11:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。