なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年10月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1098
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大家との不動産トラブル


そのため、大家さんとケンカをせずに不動産トラブルを解決するというのが、一番、賢明な方法なのです。不動産トラブルでは、あまり多くはないケースなのですが、いつも大家さんが何かと口をはさんでくるという苦情があります。
原状回復というのは、賃借人の使用で発生する建物価値の減少の中で、賃借人の故意や過失により生じるもので、大家さんとの不動産トラブルでは一番多いものです。
そして、大家さんではなく別の管理会社が管理している時は、不動産トラブルにならないよう、そっちに相談してみることです。

不動産トラブルで大家さんとの間によくあるのは、敷金返還や原状回復義務に関するものになります。
この場合の不動産トラブルを回避するには、契約前に、担当の不動産屋さんに対して、どこがリフォームされているのかをしっかり聞いておくことです。
そして、書面などで残しておくことが、何より、不動産トラブルの回避に役立ちます。

不動産トラブルになって、もし大家さんとケンカをしても借り手にとっては、一文の得にもなりません。
実際にこの方法で、静かになった大家さんもいるので、不動産トラブル解決のために多いに利用しましょう。
また、いつも物件の近くで、草むしりや掃除などをする大家さんもいますが、こうした些細なことも、不動産トラブルになりかねません。
しかし、実際こうした世話焼きの大家さん沢山いるので、不動産トラブルを避けるため、入居前に周りの人から、大家さんの評判を聞いておくことです。
posted by キャット3号 at 02:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1097
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:31 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンションに関わる不動産トラブル


マンションでの不動産トラブルでよくあるのが、騒音問題ですが、それらはなるべく当人同士の話し合いで解決するよう努力することです。
契約書の内容を把握するまでは、不動産トラブルになることを考慮して、決して捺印してはいけません。
そうした上で、疑問点や不明点があれば、不動産トラブルを避けるため、専門家に相談するべきなのです。
中でも重要事項説明は大事で、マンションなどの売買契約の締結に先立ち、これは不動産トラブルにならないよう、物件に関する部分の重要な事項を説明するものになります。
それには、管理費を払わない組合員がいるという不動産トラブルや、組合総会がうまく進行できていないなどがあります。
そして、わかりにくい条文などがあった時は、不動産トラブルになる前に、事前に聞いてそれを解決しておくことです。
宅地建物取引主任者の資格をもつ人はが、不動産トラブルも含めて、重要事項に関する説明を行います。
不明な点がある場合は、必ず仲介業者に確認して、後で不動産トラブルに巻き込まれないようにしましょう。
そのため、不動産トラブルにならないようにするには、マンションの管理規約や、区分所有法に関する法律をよく見ておく必要があります。
マンションでの不動産トラブルの解決のポイントは、やはり、契約時に契約書類にしっかり目を通しておくことが一番です。
posted by キャット3号 at 02:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1096
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地をめぐる不動産トラブル


そのため、土地の敷地内に赤道が通っている時は、道路に関する用途廃止などの手続きを経て、国からの払い下げ申請をしなければ、不動産トラブルになります。
相隣関係による不動産トラブルというのは、互いの利害関係が相反することから、なかなか解決でないものです。

不動産トラブルにならないよう、土地の敷地が接する隣同士に生じる権利や義務の関係については、民法でしっかりと規定されています。
売主は、買主に対してその土地の境界の明示義務があるのですが、それは測量に基づくものでないので、後で不動産トラブルが起こるのです。
また、地役権は、自分の土地の便益のために他人の土地を利用する権利であることも、不動産トラブルを避けるため、知識として知っておきましょう。
利用者との間でしっかりと契約を取り交わすなどをして、不動産トラブルの対策を講じなければなりません。
地上権や賃借権は、借地権として土地を利用しているので、所有を目的として他人の土地を利用していることを知る必要があります。

不動産トラブルでよくあるのは、袋地に暮らす人が他人の土地の一部を通行する場合にもよく起こります。
他人が土地の一部を利用する権利には、地上権や賃借権、地役権がありますが、これらの知識も持っていないと、不動産トラブルに巻き込まれる可能性があります。
そうした場合は、あまり感情的にならず冷静な対応をすることが、不動産トラブルを避けるコツです。
道路へ出られるようにしている状況の場合には権利の設定があるので、不動産トラブル防止のため、権利関係を明確にしておくことです。
posted by キャット3号 at 02:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1095
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産トラブルの事例


また、大量に木を伐採して、山を切り崩して作られた地域においては、大雨や台風で地盤がゆるむ不動産トラブルの事例もあります。
また、川がない場合でも、近所の住宅地よりも低い場所に位置しているところでは、水害に合うという不動産トラブルの事例もあります。
川より住宅地の方低くなっている場合、大雨や台風の時に水害に遭う恐れがあるので、不動産トラブルには気をつけなければなりません。

不動産トラブルの事例は色んな場面で起こっていて、公道に面していなくて、私道を通る必要のある物件では、私道を通るたびに気を使わなくてはなりません。
近隣より高い位置にある物件については、大雨が降ることで近所に水が流れ込むので、不動産トラブルとして苦情をいわれる事例もあります。不動産トラブルには、様々なものがあり、その事例も色んなものがあって、とても複雑です。

不動産トラブルの事例には、引戸や窓などのドアの開閉がスムーズでないことから、家が曲がっていることがわかったケースもあります。
モルタルやコンクリートの壁にひびが入っている場合では、家自体が曲がったり、地盤のゆがみで家が傾いたという不動産トラブルの事例もあります。
土と土台の高さを見て土台の方が低い場合は、通気、換気が悪くなることから、湿気やカビ、シロアリの原因となって、腐食したという不動産トラブルの事例もあるのです。
家は選べても、近所の人は自分で選ぶことはできないので、不動産トラブルがなく、仲良く過ごしていけるよう、事前にどんな人が住んでいるかをチェックしておきましょう。
まず、不動産トラブルの事例として、田んぼや池などの湿気の多い場所を埋めたてた際、湿気が多いとか、地盤がゆるみやすいなどのトラブルがよく起こります。
posted by キャット3号 at 02:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1094
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:01 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相続での不動産トラブル


財産というのは、現金、預貯金、有価証券や、貸付金、特許権、著作権など経済的価値のあるすべてのものを含むので、不動産トラブルはたえないわけです。
そして、離婚率が高くなると同時に、相続権を持つ協議が上手くいかず、相続が複雑化するなどのことも手伝って、相続の不動産トラブルは多様化しています。
故人の借金などのマイナスの遺産も相続の対象になるので、不動産トラブルがなくなることはないのです。

不動産トラブルが起きる相続には色んなケースがあるので、すべてが共通しているとは言えません。
実家の農地に関心がなかった兄弟が分割を要求したりするなど、相続を巡る不動産トラブルは、相続登記できないままに放置されているケースも少なくないようです。
相続税というのは、死亡した人の財産を相続や遺贈で取得した場合、取得した財産にかかってくるので、色々な不動産トラブルが想定されるわけです。
大都市から地方にまで広がった土地価格の急騰で、不動産の資産価値は大きくなり、不動産トラブルも前とは違ってきました。
相続人の遺留分を侵害する遺言は、当然に無効となるわけではないので、そこで、不動産トラブルが起こるのです。
そのため、相続における不動産トラブルを回避するためには、相続の基本知識を最低限度身につけておかなくてはなりません。
家督相続が残っていた時代とは違い、相続をめぐって兄弟が争う不動産トラブルは、少なくなってきたと言えます。
相続税に最も大きな影響を与えるのが不動産で、不動産トラブルはつきものなので、相続税が高いと思った時は、不動産鑑定士に相談しましょう。
posted by キャット3号 at 02:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1093
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 01:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲介手数料の不動産トラブル


別荘の売却を依頼した時、仲介手数料とは別に広告宣伝費まで請求されたという不動産トラブルもよくあります。
宅地建物取引業法においては、仲介手数料の上限が定められているので、それさえ知っていれば、その額について不動産トラブルになることはありません。不動産トラブルはあちこちで頻繁に起こっていますが、仲介の際にもよく起こるといわれています。
こうした説明は明らかに誤っているので、不動産トラブルを避ける意味でも、こうした説明をする不動産会社とは取引しない方がいいでしょう。

不動産トラブルでよくあるのは、仲介手数料が法律で決まっているという不動産会社の決めつけにあります。
また、売買契約が成立して不動産会社に報酬を支払う際、仲介手数料以外にコンサルティング手数料を上乗せさせられるという不動産トラブルもよくあります。
気に入った物件が見つかり、売買契約しようとしたら、仲介を依頼した不動産会社から、法外な仲介料を取られたという不動産トラブルがよくあります。
わからない時は、不動産トラブル防止のため、都道府県の部署の窓口で相談すると良いでしょう。
他の物件を買うなどの事情で解除する場合は、不動産会社の責任によらない事由での解除になるので、仲介手数料が発生することになり、不動産トラブルになりやすいのです。
とりあえずは、不動産トラブルにならないよう、しっかりと媒介契約書の内容を確認することです。
売買価格が400万円を超える場合は、売買価格の3%+6万円×1.05が上限になるので、不動産トラブルを避けるために認識しておきましょう。
posted by キャット3号 at 01:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1092
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 01:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

契約での不動産トラブル


一戸建てを建てた売り主の不動産会社が、別の不動産会社に仲介契約する場合は、仲介契約を受けた不動産会社が、売買調整業務を行うので、報酬が必要になるわけです。
気に入った物件が見つからない場合、媒介契約満了時に契約を打ち切られ、その後不動産会社から費用を請求されて、不動産トラブルになることもあります。
なぜなら、媒介契約期間が終了したにもかかわらず、自動更新されるという不動産トラブルがあるからです。
そうした不動産会社との媒介契約においては、確実に終了させておいた方が、不動産トラブルに巻き込まれないために得策になります。
そうしたことを知らないと、不動産トラブルに遭遇するということになってしまうのです。
これは、不動産会社の契約が、媒介である場合で、不動産トラブルに巻き込まれないようにしなければなりません。
仲介手数料というのは、成功報酬で、売買契約が成立しない時は、支払う必要はないので、不動産トラブルの知識として覚えておきましょう。
ただ、遠隔地への旅費など、依頼者が特別に依頼した実費に関しては、請求が認められているので、不動産トラブル対策として認識しておくことです。
実は、一戸建てを購入したときでも、仲介手数料がかかることはあるので、不動産トラブルに対応できる知識を持つ必要があります。

不動産トラブルになることはよくあるのですが、不動産売買の仲介をする不動産会社は、取引が成立しないと、仲介手数料は請求できません。
posted by キャット3号 at 01:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1091
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 01:31 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賃貸での不動産トラブル


そうすると、不動産会社もそれに対して最善の努力をしてくれるので、不動産トラブルになりにくいのです。
どうしても先に契約を交わさないといけない賃貸の場合は、不動産トラブルを避けるため、予定と異なる時は、キャンセルできるかどうかを確認しておくことです。
賃貸物件で、そうした不動産トラブルに遭遇した人も、きっと少なくないことでしょう。

不動産トラブルを避けるには、思わせぶりな態度で、内容が違った時は、それを知っていれば契約をしなかった、とはっきり言うことも大事です。
不動産屋が最初に言ったことと話が違う場合にも、不動産トラブルがよく起こるので、注意しなければなりません。

不動産トラブルにならないよう、完成1ヵ月前には大体のイメージが見えてくるので、自分の目でしっかりと確認してから、契約書を交わすことです。
そうした時に不動産トラブルがよく起こり、不動産屋に話しても、申込金を返してくれない時があります。
賃貸の場合、不動産会社は、入居者と大家さんとの掛け橋になるので、不動産トラブルにならないよう、上手く連携していくことが大切です。
そして、問題が無ければきっと返してくれると思うので、賃貸の不動産トラブルに巻き込まれても諦めないことです。
そして、入居者が勘違いして有利に解釈した時も、不動産トラブルになりやすいので、注意しましょう。
posted by キャット3号 at 01:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1090
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 01:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産トラブルの相談窓口


消費者のための問題を扱う機関なので、不動産トラブルでの大きな問題は、弁護士に相談する方がいいかもしれません。
もちろん、不動産トラブルの問題によって相談する場所は変わるのですが、ちなみに代表的な相談場所には、建築士、大工、設計士などがあります。

不動産トラブルは、どこに行けばよいか迷っている場合は、国民生活センターなどの相談所で相談してもらうのが一番かもしれません。

不動産トラブルの市区町村の相談所では、週に何回か相談の日があるところが基本的には多いようです。
また、日によって、不動産トラブルの専門分野が異なる時があるので、事前に電話で確認しておく必要があります。
相談所では、不動産トラブルのために、担当の人が1人ついて、その対応をしてくれます。
基本的に不動産トラブルに遭った人というのは、パニック状態になっていることが多いので、まずは状況確認から始まります。
自分で無理に不動産トラブルを解決しようとすると、痛い目に遭うということもよくあります。
十分に注意をしていても、不動産トラブルに遭うということはあることなので、仕方がない時もあります。
ただ国民生活センターといっても、不動産専門の相談所ではないので、難しい不動産トラブルに対してすぐに対応してくれるわけではありません。
そうした不動産トラブルに遭遇した時は、どうしても、不動産や住宅に関する専門の知識が要求されます。
posted by キャット3号 at 01:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1089
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 01:01 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産トラブルとは


そして、若い時は特に、不動産屋へ足を踏み入れる都度、ばかにされるような態度をとられることもあり、これも自分にとっては、不動産トラブルの1つでした。
今までに、土地、住宅購入などで、何度か不動産売買を経験してきましたが、やはり不動産トラブルはつきものでした。
中古住宅や土地も沢山見てきたのですが、不動産トラブルは、数十件にも及びました。
また、住宅を購入していきなり、住宅会社の営業マンが代金を持ち逃げしたという大きな不動産トラブルもありました。
そして、ゆっくり過ごそうと思って購入した中古住宅が欠陥住宅で、泣き寝入りしたという不動産トラブルの経験もあります。

不動産トラブルでは、排水管トラブルというのもよくあるので、購入する人は気をつけなければなりません。
おかしいと思って台所の水を流すのを止めると、今度は時間が経つと、水が出なくなるという不動産トラブルです。
原因は、天井がちゃんとクギでとめられていなかったことによる不動産トラブルでした。
さすがにここまでハウスメーカー側の工事がいい加減だと、呆れましたが、すぐに直してくれたので、大きな不動産トラブルにはなりませんでした。
良い話というのはむしろ少なく、何件かは不動産トラブルに巻き込まれてしまうとうのが普通でしたね。
何と排水管を埋めて土をかけているだけの状態だったのですから、排水管の不動産トラブルが起こるのは当然ですね。
posted by キャット3号 at 01:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。