なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年11月01日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1099
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大家との不動産トラブル


そのため、入居者と大家さんとの間で不動産トラブルになるということは、意外と多かったりするのです。

不動産トラブルで大家さんとの間によくあるのは、敷金返還や原状回復義務に関するものになります。
大家さん自身、悪気がなくても、入居者からすればあまりいい気はしないので、不動産トラブルは、枚挙にいとまがありません。
そうした不動産トラブルを避けるには、やはり基本的な知識を身につけることが大切で、それが双方円満に解決するための得策になります。
管理会社がいない場合は、大家さんとのコミュニケーションを上手く取り、割り切って接しながら、不動産トラブルを解決していきましょう。
また、いつも物件の近くで、草むしりや掃除などをする大家さんもいますが、こうした些細なことも、不動産トラブルになりかねません。
リフォームの場合も、大家さんと契約者の考え方に相違があることから、不動産トラブルになることがよくあります。
この場合の不動産トラブルを回避するには、契約前に、担当の不動産屋さんに対して、どこがリフォームされているのかをしっかり聞いておくことです。

不動産トラブルになって、もし大家さんとケンカをしても借り手にとっては、一文の得にもなりません。
原状回復というのは、賃借人の使用で発生する建物価値の減少の中で、賃借人の故意や過失により生じるもので、大家さんとの不動産トラブルでは一番多いものです。
実際にこの方法で、静かになった大家さんもいるので、不動産トラブル解決のために多いに利用しましょう。
posted by キャット3号 at 02:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。