なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年11月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1124
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 07:04 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金利スワップを通貨別比較

金利スワップは金利差額で利益をあげていくものですが、特に外貨で行うFXではこれが重要になってきます。
それだけ金利スワップでは各国を比較してみてから、選んでいかなければはならないようです。
たとえば円買いドル売りの場合、金利スワップが大きく出たときなどは、まさに利益が上がるのです。
比較対象が絞られているのであれば、金利スワップで迷うことなく、その国の通貨を選べばいいのでしょう。
まずは金融取引に手を出すとしたら、リスク回避も考えなければならないのは、金利スワップも同じです。
うまくそれぞれの国の通貨を比較検討して、実際に経済的なリスクが出てきたときに、うまくは回避するのも金利スワップには大切です。
つまり金利スワップで比較する場合、その国の経済背景などもきちんと把握しておくといいようです。
比較検討をよくせずに金利スワップを開始してしまったのなら、それはかなりリスクが高いことだと覚悟をしましょう。
逆にあまり比較しても変わらない場合、金利スワップを毛円するのではなく、あえてその国を対象にすると意外と長期間なら利益が上がる場合もあります。
いくらそのとき景気がいい国でも、日本でバブル経済があったようなこともありますから、金利スワップは分散させたほうがいいようです。
posted by キャット3号 at 07:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。