なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年12月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1153
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

儲かる資格


実際に儲かるかどうかの参考になるのは年収になりますが、情報が少ないのが現実です。儲かる資格と言うものには、色々なものがありまずか、中でも司法書士は有力視されています。
また、最近では薬剤師を必要とする薬局が多く、専門店のみならず、スーパーやコンビニなどでも活躍の場が広がっているので、今後も儲かる資格として注目されています。
薬剤師は、病院や薬局で薬を調剤して販売したり、製薬会社で薬の研究開発に携わったりするので、かなり儲かる資格なのです。
もちろん、営業力で儲かる幅は異なり、その差は200万円から1億円とも言われています。
しかし、儲かる資格と確実に言えるのかどうかは、この数字が、実際に売り上げの意味をなしていなくてはなりません。
司法書士は、その働きかた次第で大きく変わってきますが、 独立開業した場合は儲かる資格と言えるでしょう。

儲かる資格には薬剤師があり、この資格は今もっとも注目されていると言ってもいいかもれません。
司法書士が儲かる資格と言われるためには、自由に使える収入がどれくらいであるのかが重要になります。
独立出ない場合は、年収ベースで計算すると、400万円から700万円くらいなので、そんなに儲かる資格とは言えないかもしれません。
posted by キャット3号 at 11:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。