なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年01月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1170
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:42 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一軒家購入とは


結婚したり、子供が生まれたり、あるいは、転職であっても、それが一軒家購入のきっかけになることはあります。一軒家購入というのは、誰しもが憧れを抱くことですが、そう簡単に実現するものでもありません。

一軒家購入をする場合は、とにかく、自分でできる限り情報を収集し、そして、どんな家が欲しいのかを具体的に描くことです。
そして、台所をメインに使う主婦の人なら、どんな台所がいいとか、部屋にはこんなものを置きたいとか、というのも、一軒家購入のための具体的なプランになります。
また、クラシカルな雰囲気にしたい、アジアンテイストの部屋が良いなども、一軒家購入のためには、大切なイメージになります。
もちろん、夢を描けばきりがありませんが、そうしたことが、一軒家購入に当たっての大事なポイントになります。
現状維持のまま、マンションや賃貸で暮らすか、あるいは一軒家購入ではなく、妥協した家を購入してしまうでしょう。

一軒家購入のイメージをしっかり持つと、気持ち的にも、かなりワクワクしてきます。
そして、一軒家購入のイメージがある程度、想像できてきたら、次は場所を考えていきます。
これは重要なポイントになるので、一軒家購入に際しては、できるだけ、1つの場所に絞ることです。
そうしたタイミングやきっかけはどんなものであっても、一軒家購入を実現したいと思った時が、一歩踏み出せるチャンスなのです。
posted by キャット3号 at 14:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1169
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:32 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計の仕訳


だとしたら、私の能力ではとても無理なので、これまで税効果会計には興味を持たない事にしていました。
税効果会計は、日本版ビッグバンの導入によって取り込まれた新しい会計処理システムです。
そもそも税効果会計というものをきちんと説明出来るかどうかですよね。
私は出来な線、だから税効果会計についてこれからいろいろと勉強して行きたいと思っています。
税効果会計を会社内で行うには、様々な数字に目を向け、一つ一つ仕訳していかなければならないのではないかと思います。
税効果会計上では、目の前の入出金や経費だけでなく、事業税や法人税、さらには住民税にまで着目しなければならないようです。
だからこそ、身内の会社の税効果会計は身内がやるのがベストなのではないかと勝手に思い込んでいる私。
税効果会計を一口で言うと、会計上の収益・費用と税務上の益金・損金との食い違いを計算するためのものみたいな感じなんですよね。
そのブログでは税効果会計のQ&Aという形で、誰もが難しいと思う事を丁寧に解説してくれていたのです。
税効果会計の仕訳や計算方法については、これからじっくり勉強したいと思っています。
税効果会計上ではこれらの一時差異を繰越税金資産と繰越負債という形で記載し、計算するそうなのですが、まだ詳しいところまでは判りません。
posted by キャット3号 at 14:31 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1168
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:22 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と繰延税金資産の回収可能性


もし、税効果会計を導入するのであれば、プロにしっかり相談した方がいいでしょうね。
どうしても税効果会計をマスターしたいのであれば、それなりの時間が必要になるでしょうね。
税効果会計にはいくつかの対象項目がありますが、繰延税金資産の回収可能性が最も関心の高い事柄だそうですね。
経営者や経理の社員が少し実務講習を受けた位で税効果会計を実施するのは非常に難しいのではないかと思いました。
あくまでも回収の可能性があるというだけで、絶対回収出来るとは限っていない訳ですから、そっちが気になって税効果会計が上の空になりそうでした。
うちなんかが税効果会計を導入したところで、何にも変わらない。
今回の税効果会計のセミナーの中でも、一番時間を割いて講義されたのが繰延税金資産の回収可能性についてでした。

税効果会計の基本的なシステムや、そのポイントはある程度解ります。
恐らく税効果会計を導入している企業と言うのは、中小企業の中でもかなりのやり手企業だと思いますよ。
ただ、税効果会計の全ての項目をちゃんと理解し、実効税率を計算して行くのは大変です。税効果会計を学ぶべく、実務セミナーに参加しました。
posted by キャット3号 at 14:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1167
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と事業税



税効果会計をきちんと勉強し、理解するためには、実務講習のようなものを受けた方がいいのでしょう。
けれど、これからの時代、どんな小さな企業の主でも税効果会計と事業税との関係はある程度知っておくべきだと思いますよ。
それに、そうしたビジネスマネーのエキスパートが掲載しているブログやサイトの税効果会計の記述は大変解り易いものが多数あります。
つまり、黒字の企業なら、税効果会計はまるで無関係とは言いきれないのです。
なぜなら、税法は申告書提出時の損金とするのにも関わらず、企業会計が発生主義により当期末で未払事業税を当期の費用として計上するためです。
確かに中小企業の多くは税効果会計の適応は強制されてはいないようです。
しかし、強制されない企業でも税効果会計は導入した方がいいという意見が多数あります。
これは、税法上の損金と会計上の費用に乖離を生じるために、必ず次期にそれを再度調整し直す必要があるので、税効果会計が登場するのです。
さらには、税効果会計を導入しても何の意味もないという声も出ていますね
ならば、税効果会計を導入した方が良い企業とはどんな企業なのでしょうか。
最終的には会計の専門家に税効果会計についての情報提供を求めればいい訳ですし…。
posted by キャット3号 at 14:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1166
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:08 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と繰越税金資産


税効果会計には費用や損益が大きく関わって来る訳でしょう。
とは言え、ちょっと悔しいので、税効果会計に関するブログやサイトをさっきからチマチマ読んでいます。
税効果会計では、実効税率という計算式を使って計算するんですよね。
中でも繰越税金資産と繰越負債は税効果会計の大きなポイントです。
税効果会計についてのブログやサイトには繰越税金資産や繰越負債、それに実効税率なども詳しく解説してくれている記事が沢山あります。
私も税効果会計をよく判らないのですが、今日までしっかり会社の経理をやって来たつもりです。
でも、必ずしも税効果会計が適応されるとは限っていないし、決して節税に繋がるとは言えないと思うんですよね。
最初は難しいと思ったけど、読んでいるうちに税効果会計というものが少しずつ解って来て、面白くなって来ました。
あっ、違う、税効果会計に頭に来てるんじゃなくて、新しく入って来た女の子に頭に来てるんです。
会社というのは、少しでも経費節減や節税を考えたいもの、それを支持するのが私たち会計職員の仕事で、税効果会計なんて、出来なくてもいいと思いませんか。
それに、これからの時代、税効果会計は必要ですよね。
posted by キャット3号 at 14:01 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1165
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の税効果会計


税効果会計の他にも、研究開発費の会計や企業年金を含む退職給付の会計、金融商品の時価会計なども次々と導入されましたよね。
連結財務諸表中心主義への方向転換から始まり、中間連結財務諸表の作成、キャッシュ・フロー計算書、そして税効果会計の導入へと繋がったという説も耳にしました。
こうした税効果会計などの会計処理システムは、確かに国際会計基準にはすでにありましたよね。

税効果会計はもう随分前から米国では活用されていました。
税効果会計が日本で導入されていない事の方が不思議だと言った人がいます。
今のところは独学で税効果会計について学習しておく程度でも良いのではないかと考えています。

税効果会計は企業の節税にダイレクトに繋がるのでしょうか。
勿論、税効果会計について知っておくに越した事はありません。
税効果会計はどのような企業にでも適応されるのかと私は疑問に思います。
それとも米国では、こうした税効果会計のような直接経営に関わる財務処理というのは専門の人材が行うのでしょうか。
お陰さまで、わが社には米国支店もないし、税効果会計の本場で経理を与るという事はまずないと思うんですよね。
どこの会社の経理事務員でも税効果会計が出来るほどメジャーなシステムなのでしょうか。
posted by キャット3号 at 13:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1164
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:42 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と簿記1級


この税効果会計のレベルは、私がかつて受験を断念した簿記1級に値します。
だとしたら、21世紀の高校生は本当に大変ですね、税効果会計というのはとても難しそうだから…。
私の時にはなくて良かったです、税効果会計。
でも、将来入社して来る若い子たちがみんな当たり前のように税効果会計が出来たらどうしよう。
長年経理事務を任されているのにも関わらず税効果会計が出来なかったら、馬鹿にされるかも知れませんね。
税効果会計のマスターと簿記1級の取得、それは簡単ではないけど、出来そうな気がします。税効果会計なるものが出来ないと最近は簿記2級を持っていても大きな顔出来ないと聞きました。
実際簿記1級と税効果会計に関するブログやサイトを読んでいると、そう思えるんです。
税効果会計というのはやはりそんなに重要なのでしょうか。
まあ、そう言う私自身、税効果会計をちょっと甘く見ていたようですけどね。

税効果会計が出来ない私は危機感を持ち始め、勉強する事に決めたのであります。
一応これでも公立の商業高校出身、簿記だって2級だし、もう10年も会社の経理事務をやっているんです、税効果会計だってすぐにマスター出来ると思っていました。
posted by キャット3号 at 13:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1163
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:32 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計の入門書

税効果会計をマスターするべく、入門書を購入しました。
主人もサラリーマン一筋だったので、当然、税効果会計、なんだそれっという感じです。
けれど、子供の手が離れて自由な時間が出来たのを機に、どこかへ勤めようと思うんです。

税効果会計のハードルの高さはかなりです。
でも、企業における税効果会計の今後の必要性を踏まえ、私は今回入門する事にしたのです。

税効果会計を勉強するために今回私は2冊の入門書を買いました。
税効果会計が導入されたのは平成12年、私が独身時代に勤めていた会社を寿退社した後の事です。
1冊は税効果会計のQ&Aという感じの本で、詳しい説明が細かく解説されています。
税効果会計の解りにくい部分を適切に解説してくれているものも沢山あって、すごく助かっています。
税効果会計は経理としてのキャリアだけでなく、企業税に関する知識が多数必要になります。
そのため、ベテランの経理事務員でもかなりの学習をしなければ税効果会計の実務は困難だと言われています。
自力で税効果会計を入門しているおばさんにとって、そんなブログやサイトは強い味方ですね。
posted by キャット3号 at 13:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1162
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計の実務講習

税効果会計をきちんとマスターするために、実務セミナーを受講する事になりました。
税効果会計は平成12年度から導入されたシステムです。

税効果会計の実務セミナーに行くのは、少しは知識を持ったベテランの事務員である先輩社員さんだと思いこんでいたのです。
もともと、パソコンが使えるという理由で採用してもらった私、本格的に経理業務をやった事すらないんです、税効果会計なんて無理ですよね。
短大では語学を専攻していたので、一般事務として入社したものの、税効果会計どころか、まだ経理そのものがよく解っていない状態。
これまでは税理士さんに頼んで税効果会計もやってもらっていたそうです。
そんな私が税効果会計の講習に行かされる事になるなんて思ってもみませんでした。
でも、うちのような中小企業の場合、会社の中にも一人位税効果会計の出来る人間がいた方が何かといいだろうと社長が言いだしました。
今回私が税効果会計のセミナーを受ける事になったビジネススクールのサイトです。
それを教えてくれた税効果会計のブログやサイトに感謝。
それに、いくら受講したからと言って、税効果会計の実務がすぐに出来るようになるとは限りません。
posted by キャット3号 at 13:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1161
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:12 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と実効税率

税効果会計と実効税率、初めての方にはとても難しい内容に聞こえますよね。
税効果会計、こんな難しい事が解るようになったんだ、我が子も随分大人になった物だと思いました。
これからももう少し税効果会計について、ブログやサイトで学習してみようと思っています。
そこで、子供のテキストをこっそり読み始めたのですが、税効果会計について実に難しい言葉が沢山書いてありますね。

税効果会計というのは法人さんの会計処理の事のようなのです。
実効税率というのはこの税効果会計の計算の事なのでしょうか。
これから先、中小企業が節税を考える上で、税効果会計は必要不可欠なものになるという事なのでしょうか。
高い学費を払って専門学校に通わせているのですから、税効果会計位解っていて当然と言えばそれまでなのですが…。
されど、ちょっとすごいと思いましたよ、親馬鹿かも知れませんけどね。
法人さんは事業税以外にも住民税や所得税など様々な税金を納めているので、それらを考慮した実効税率というのを計算するのが税効果会計なんだそうですね。
私には実効税率の計算方法どころか、税効果会計という言葉の意味すらよく判りません。
posted by キャット3号 at 13:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。