なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年01月06日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1165
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国の税効果会計


税効果会計の他にも、研究開発費の会計や企業年金を含む退職給付の会計、金融商品の時価会計なども次々と導入されましたよね。
連結財務諸表中心主義への方向転換から始まり、中間連結財務諸表の作成、キャッシュ・フロー計算書、そして税効果会計の導入へと繋がったという説も耳にしました。
こうした税効果会計などの会計処理システムは、確かに国際会計基準にはすでにありましたよね。

税効果会計はもう随分前から米国では活用されていました。
税効果会計が日本で導入されていない事の方が不思議だと言った人がいます。
今のところは独学で税効果会計について学習しておく程度でも良いのではないかと考えています。

税効果会計は企業の節税にダイレクトに繋がるのでしょうか。
勿論、税効果会計について知っておくに越した事はありません。
税効果会計はどのような企業にでも適応されるのかと私は疑問に思います。
それとも米国では、こうした税効果会計のような直接経営に関わる財務処理というのは専門の人材が行うのでしょうか。
お陰さまで、わが社には米国支店もないし、税効果会計の本場で経理を与るという事はまずないと思うんですよね。
どこの会社の経理事務員でも税効果会計が出来るほどメジャーなシステムなのでしょうか。
posted by キャット3号 at 13:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。