なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年01月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1167
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 14:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税効果会計と事業税



税効果会計をきちんと勉強し、理解するためには、実務講習のようなものを受けた方がいいのでしょう。
けれど、これからの時代、どんな小さな企業の主でも税効果会計と事業税との関係はある程度知っておくべきだと思いますよ。
それに、そうしたビジネスマネーのエキスパートが掲載しているブログやサイトの税効果会計の記述は大変解り易いものが多数あります。
つまり、黒字の企業なら、税効果会計はまるで無関係とは言いきれないのです。
なぜなら、税法は申告書提出時の損金とするのにも関わらず、企業会計が発生主義により当期末で未払事業税を当期の費用として計上するためです。
確かに中小企業の多くは税効果会計の適応は強制されてはいないようです。
しかし、強制されない企業でも税効果会計は導入した方がいいという意見が多数あります。
これは、税法上の損金と会計上の費用に乖離を生じるために、必ず次期にそれを再度調整し直す必要があるので、税効果会計が登場するのです。
さらには、税効果会計を導入しても何の意味もないという声も出ていますね
ならば、税効果会計を導入した方が良い企業とはどんな企業なのでしょうか。
最終的には会計の専門家に税効果会計についての情報提供を求めればいい訳ですし…。
posted by キャット3号 at 14:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。