なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年03月21日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1243
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 02:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己破産者の携帯電話契約


自己破産者となると、借金の返済を免れることができます。
しかし、料金が前払いのプリペイド式なら料金を支払わないということがありませんから、自己破産者でも携帯電話を持つことができるのです。
ただ、自己破産者となる前に携帯電話料金を全額支払っていれば、自己破産をしてからも携帯電話は使えるようです。
自己破産者になるにしても、携帯電話が使えないとなると仕事に支障をきたす人もいるでしょう。
携帯電話が仕事の必需品であれば、自己破産者になる前に電話料金は支払っておくのが良いと思います。
プリペイド式は電話料金を前払いするスタイルになりますから、自己破産者であっても料金を滞納することがありません。
しかし、このときに滞納している携帯電話料金の支払いまでも免れてしまうと、自己破産者が携帯電話を持つことは難しくなってしまうようです。
しかし、携帯電話には加入権がありませんから資産としての価値が無く、自己破産者となっても携帯電話は処分しなくても良いようです。

自己破産者になると携帯電話を処分しなければならないと考えている人もいるようです。
また、借金を整理する方法は自己破産することだけではありませんから、借金で苦しんでいる人は、ネットを活用して様々な情報を収集してみると良いでしょう。自己破産者は携帯電話を使うことができないのでしょうか。
posted by キャット3号 at 02:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。