なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年06月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1334
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 17:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JNB-FXの発注方法


IFD注文というJNB-FXの発注方法があり、これは、新規注文と、その注文が約定した場合にできる決済注文を同時に発注するという発注方法になります。
相場の変動が激しい場合、このJNB-FXの発注方法は、注文が入りにくいことがよくあります。
次にJNB-FXの発注方法には成行注文があり、これは、注文した時の為替相場に準拠したレートで約定させるという発注方法になります。
あらかじめ指定した価格で新規注文と決済注文できるというのが、このJNB-FXの発注方法の特徴で、利益や損失を確定することができるメリットがあります。
まず、JNB-FXの発注方法にはストリーミング注文があり、これは、即時発注になるので、レートをクリックした時点で発注となります。
そして、片方が約定するともう一方は自動的に取り消されるというのが、このJNB-FXの発注方法の特徴で、決済時にも利用することができます。
JNB-FXの発注方法には、 IFDOCO注文というものがあり、これは、新規注文が約定した後、2つの決済注文が自動的にセットされるというものです。


JNB-FXの発注方法で、 IFDOCO注文の場合は、新規注文が約定した後の利益確定と損切りを想定した取引ができます。
個別決済というものもあり、このJNB-FXの発注方法は、ストリーミング、成行、指値・逆指値、OCOから選択できるようになっています。
JNB-FXでは、様々な発注方法以外に、FX上級者におすすめのアプリケーション版取引システムも用意しています。
posted by キャット3号 at 17:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。