なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年07月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1364
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 22:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引時間の基準


基本的に24時間いつでも取引できるというのが、FX取引時間で、それは、FX市場が世界中にあるからです。
そして、日本時間の土曜夜7時〜次週の月曜日朝7時がFX取引時間の中で、取引できない時間帯となっています。
こうしたFX取引時間が、一番、活発に取引が行われる時間帯と言えます。
そして、このFX取引時間帯は、アメリカの経済指標が発表されたり、要人発言が飛び出したりすることから、重要な時間帯なのです。
しかし、FX取引時間には基準がないと言っても、土日には取引は休みとなっていて、取引できません。
また、オンラインでいつでもどの市場でも取引ができるので、FX取引時間は24時間となっていて、確たる基準がないのです。
まず、日本時間の午前5時くらいからFX取引時間として、ニュージーランドでの取引が始まります。
一般的には、ニューヨーク市場のFX取引時間が基準と言われていて、ニューヨーククローズといわれていて、ニューヨーク市場の取引終了時間が1日の終わりを示します。
その後、FX取引時間は、若干の時間差により、アジア市場がスタートし、日本時間の夕方ごろから取引の中心地はヨーロッパに移ります。
その後オーストラリアも始まり、FX取引時間は、午前8時に東京市場が開きます。
posted by キャット3号 at 22:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。