なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年09月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1414
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 07:01 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インデックス投資の川崎


円MMFは、これまでは普通預金より金利が良かったのですが、インデックス投資川崎では、今の利率がネットバンクの普通預金より劣っていることを示しています。
アセットマネジメントの公社債オープンの基準価額が7月中旬以降急落していることも、インデックス投資日記の川崎で告げています。
あえてMMFを購入する価値が薄れていることをインデックス投資川崎では指摘していて、MMFの保有での他行無料振込回数を獲得する方法を紹介しています。
また、インデックス投資日記の川崎では、DLIBJ公社債オープンの基準価額急落について解説しています。
また、インデックス投資日記の川崎では、時価総額比の指数連動をめざす新興国株式インデックスと、DCダイワ新興国株式の直近1年間の騰落率を比較しています。
改良型インデックス・ファンドについても、インデックス投資日記の川崎では、情報を入手次第、コストやリターンを記事にしています。
ただ、高コストと頻繁な銘柄入替の影響もあって、リターンをその分引下げてしまうことをインデックス投資日記の川崎では懸念しています。
ダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックスファンドは、確定拠出年金専用で欲しくても購入できない問題点も、インデックス投資日記の川崎では取り上げています。

インデックス投資日記の川崎は、低コストの時価総額加重インデックス・ファンドのほうが高い市場リターンを得られることを指摘しています。
また、ファンダメンタル・インデックスファンドのような改良型インデックス・ファンドが開発されるのは難しいことも、インデックス投資日記の川崎では指摘しています。
posted by キャット3号 at 07:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。