なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1443
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 12:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロへの換金


さて、わたしはあまりお金がないものですから、ユーロにもそう多くは換金できません。
なるべく円高のときにユーロに換金した方が、われわれとしては有利になるでしょう。
ヨーロッパに行く気分になりたければ、ユーロの換金レートにも目を向けておきましょうか。

ユーロの換金ですが、お近くの銀行さんに行けば、日本円を換えてもらえるようですよ。
おや、なんだかユーロの換金については、すんなりと結論が出てしまったようですね。
つまり、小さい銀行ではユーロを常に豊富に取りそろえているわけではないようなんですよ。
わたしは特にヨーロッパに行く予定もないですが、ちょっとユーロの換金について考えてしまいました。
銀行とかに行けば、日本円をユーロに換金してもらえるものなのでしょうかねえ。
ユーロの換金についてはわかった以上、それでは今回はこれで失礼します・・・と言いたいところですが。
そしてユーロを円に換金して戻すときは、円安のときの方が有利ということになるでしょうね。
だから、ユーロに換金したいというときには、ちょっと注意が必要なのでしょう。ユーロに換金するには、どうすればいいのでしょうか、などと思ってしまったのですが。
posted by キャット3号 at 12:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1442
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 12:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ予想


とはいえ、ユーロの予想について説明してあるんだかないんだか、よくわからないんですよ。

ユーロの予想ですが、インターネットで調べてみたら、何かがわかるのではないかと思ってみました。
というのも、アメリカドルと同じように、ユーロも随分高くなっているじゃないですか。
予想といっても、生き物のようなユーロの動向を、どうやって予想するものなんでしょうかね。
しかし、必ず当たるものではないといっても、ユーロの予想を参考にする人は多いでしょう。
そして、そういう人々の動向が、これからのユーロの動きを変えていくらしいですよ。
本当に、これからの円やドルやユーロは、どうなっていくんでしょうかね、わたしには予想できないですが。
つまり、円が安くなって、アメリカドルやユーロが高くなっているということなんです。

ユーロの予想ができる人って、どういう人なんですかね、経済をよく知っている人ですかね。
ユーロの予想については、ネット上に、いろいろなサイトがあるみたいですね。
だからみなさん、ユーロの予想について知りたいと思ったら、ご自身でお調べになってください。
そして、そのユーロの予想というのは、やっぱり、必ず当たるものではないのではないですか。
posted by キャット3号 at 12:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1441
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 12:08 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロとFX


もう限界ですよ、こういう与太話を考えていても仕方がないので、ユーロとFXについて、ちゃんと調べてみましょう。
実は、ヨーロッパの中にもユーロを使っていない国もあるので、複雑なのですが。
そうですね、ユーロとFXについて、わたしが思い出すものは、ないでもないですが。
そういえば鉄人28号FXというアニメがありましたが、これはユーロとは何の関係もなさそうです。
となると、ユーロに関係するFXという言葉の正体は、いったい何なのでしょうか。
FXという言葉と関係する、お金とは別のユーロが存在するのではないか、ということです。

ユーロのFXですが、ここまでくると、逆転の発想が必要なのかもしれませんよね。
そうすると、2作目として、ユーロFXというタイトルの作品が出てきてもおかしくないですよね。
ユーロというものはわかっても、FXというのは、みなさん、聞いたことがありますか。
いや、そういえば、ヨーロッパのサッカーの大会も、ユーロという名で知られていますよね。
そうすると、ユーロとFXについてはすぐにわかるだろうと思っていましたが、やっぱりすぐにわかりました。
つまり、FXとは、外国のお金との交換を表す言葉で、これならユーロと関係ありそうですね。
posted by キャット3号 at 12:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1440
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ危機


インターネットを使ってユーロの危機について、検索して勉強してみましょうかね。ユーロ危機という言葉を、みなさんも聞いたことがあるのではないかと思いますが。
いろいろなことを考える人がいるでしょうね、ユーロ危機というものについては。
こんなことをいうと、みなさんの中には、怪しく思う方もいらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが。
なんだか、映画みたいですよね、ピンチのユーロが土壇場で大逆転をするのです。
いや、その前に、池上彰氏がテレビでユーロ危機について解説したのを見たことを思い出しました。
われながら記憶力がないものですから、ユーロ危機についてもあまり覚えていないのですが。
そういうわけで、この機会にユーロ危機について勉強してみることにしたのですが。
しかし、そんなことをしてしまったら、みなさんがユーロ危機について覚えることにはなりませんよね。

ユーロ危機について、わたしが調べたことを、ここで発表させていただこうかと思ったのですが。
だから、ユーロ危機に関する、わたしの研究発表みたいなことは、ここではしないことにいたします。
とにかくユーロ危機については、もし興味があるのであれば、ご自身でお調べになってください。
posted by キャット3号 at 11:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1439
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ加盟国


ただ、加盟国でも、国内全域でユーロだけが使われているわけではないところに、複雑さを感じます。
どうも、ユーロの加盟国のうち、ギリシャという国が、まずいことをやらかしたみたいなんです。ユーロですが、このごろいろいろと、ニュースなどでよく耳にする言葉ですよね。
なんだか、ユーロの危機らしいのですが、みなさんも、きっとご存知だと思いますがね。
ユーロだからヨーロッパの国は何でも加盟国というわけにはいかないみたいなんですよ。
まあ、ユーロですから、加盟国というともちろんヨーロッパの国ばっかりですよね。
ユーロだとかEUだとか、なかなかヨーロッパという地域は複雑な感じがしますね。
調べたところ、現在、ユーロの加盟国は17カ国となっているようですね、ネットの情報によると。
ヨーロッパとか、EUとか、ユーロとか、加盟国は全部違ってくるみたいなんです。
なんて思ったのですが、なんと、ユーロの加盟国の中にイギリスはないんですよ。
ちなみに、バチカンもユーロの加盟国となっていませんが、バチカンは国連にも加盟していませんでしたっけ。
スイスは永世中立国ということになっていますし、ユーロの加盟国になっていないのもわかる気がします。
posted by キャット3号 at 11:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

ユーロの両替


これらはごく微妙な差で、続いて4位が郵便局の 4円、5位がりそな銀行 の4.17円という結果が、ユーロの両替については、その統計が出ています。
それに対して、大手銀行や郵便局の場合、ユーロの両替は、どんなに安くても、3円94銭〜6円06銭の手数料がかかります。
ちなみに、3位の三菱東京UFJ銀行と、マネックス証券、マネーパートナーズとのユーロの両替の差は、19.7倍にもなります。
優遇レートがユーロでは適応されることもあるので、金融機関でもっともお得な方法を模索すべきです。

ユーロの両替に関しては、大手銀行でする場合よりも、さらにお得な両替方法があります。
そして、ユーロの両替で2位は、マネーパートナーズで、ここも、マネックス証券と同様、FX業者になり、20銭で両替ができます。
ランキングを見るとすぐにわかるのですが、ユーロの両替に関しては、マネックス証券の場合、20銭という格安の手数料で、両替ができるのです。
そして、マネックス証券の場合、ユーロの両替が安いだけではなく、今なら、51,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
ユーロの両替で安い3位は三菱東京UFJ銀行で、ここでようやく、銀行が入ってくるということになります。
総合的にまとめると、ユーロの両替の手数料についての順位は、1位が三菱東京UFJの 4円、2位が三井住友の 4円、3位がみずほ銀行の 4円となります。
まず、ユーロの両替で1位は、20銭でできる、マネックス証券が挙げられます。
posted by キャット3号 at 11:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1438
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ圏


その圏で使われている通貨こそが、ユーロであり、こうした統一は、大きな意味があります。
これまで、世界各国の政府が保有する外貨準備に関しては、ドルがほとんどだったのですが、最近では、ユーロの比率が高まっている傾向にあります。
また、為替市場においては、ユーロドルの取引量が一番多いという傾向にあり、高い流動性を示しています。
欧州のユーロと英国のポンドは、どちらもヨーロッパの通貨なので、共に欧州通貨と呼ばれています。
そうしてできた、統一経済圏のことをユーロ圏と呼んでいるわけです。
そして、欧州委員会が発表するユーロ圏全体の経済指標についても、かなり重要と言っていいでしょう。

ユーロ圏はかなり広く、各国のファンダメンタルズはまちまちなので、見極めが必要です。
相場については、ユーロは、他の通貨と同じように、ファンダメンタルズの情勢に強い影響を受ける性質があります。
EUに参加している国は、ドイツやフランスをはじめ、スペイン、イタリア、オランダなどヨーロッパの多くの国で、そうした国がユーロを使用しています。
そして、徐々にユーロは、その存在感を高めつつある状況にあります。
中でも、経済研究所が発表する指標や、欧州経済研究センターが発表する指標は、ユーロ圏の動向をみる上で、重要です。
posted by キャット3号 at 11:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1437
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:37 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ円


第2の基軸通貨として、各国がユーロに切り替えている状況にあるので、ドルの価値が不安定になった際の代替通貨といっても過言ではありません。
つまり、ドルが売られる場合、ユーロが買われることになり、ドルが買われる場合は、売られるという傾向があります。
それは、ユーロドルの取引高が、ドル円の取引高を上回っていることが原因だと言われています。
ユーロは、円に関しては、トレンドが比較的長く続く通貨であることから、デイトレードにも向いていると言えます。

ユーロの動向は、欧州の景気動向と関連していて、それは、ドイツマルクの代替としての要素も兼ねているからです。
そのため、ユーロの動きを見るには、ドイツの景況感を表す指標、もしくは雇用統計などに注意しなければなりません。
ただ、ドルは安全通貨としての位置づけがあるので、株式が下落すると、ドルが買われて、ユーロが売られるというパターンも多いです。
つまり、ユーロ円については、トレンドに沿った取引をすればよく、トレンドは数週間程度で反転しますが、チャートで売買のタイミングを計れば、失敗することはありません。ユーロは現在、ヨーロッパのほとんどの国で導入されている通貨で、ドルに次いで実力のある通貨として評価されています。
ユーロ円の特徴は、ドルの影響を強く受けることにあり、米国株式市場において下落が止まらない場合は、ドル安に誘導するような発言がでることもあります。
posted by キャット3号 at 11:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1436
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:01 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロの為替

ユーロというのは、米ドルに続く第二の基軸通貨として知られており、取引量、信用度などを総合すると、米ドル、円とともに主要3通貨の1つになります。
要するに、ユーロは、かなり単純な通貨と言え、2005年に高値から安値に転換していて、その後、急落すると、その反動で、4ヶ月連続で安値となっています。
イギリスのように、EU加盟国でありながら、ユーロを導入しない国もありますが、モナコ公国やバチカン市国など、EUに加盟していない国でも導入しているところがあります。
世界で取引量が多いのがドルで、米ドルが下がると、一般的にユーロがその受け皿になる傾向があります。
逆に輸出が多い企業では、ユーロが高くなると、商品が前よりも高く売れることになるので、結果、業績が向上します。
当初のユーロの為替レートは、132.97円で、実際に誕生するまでは、フランスではフラン、ドイツではマルク、イタリアではリラと、それぞれの通貨が使用されていました。
外貨預金やユーロを対象としたファンドに投資している人については、為替の差益を得ることができるメリットがあります。
つまり、ドルが円に影響を及ぼすことがあり、ユーロは上昇トレンドと下降トレンドがはっきりしている特徴があります。
もし、ユーロが高くなると、当然、ヨーロッパへの旅行がこれまでより、高価になります。

ユーロは、円に対して高くなったり安くなると、我々が生活する上で、どのような影響があるのでしょう。
紙幣と硬貨のユーロが実際に流通し始めたのは2002年からなので、実に歴史の浅い通過と言えます。
posted by キャット3号 at 11:00 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1435
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 10:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロとは


救済される側とする側とで違う政治的圧力が働き、結果、ユーロ圏の政府間での交渉が行き詰ることになります。
その特徴は、準備通貨として、ユーロは、アメリカ合衆国のドルの次に重要な地位にあることです。
その結果、各国の成長の足かせになることが懸念され、米国と違って、ユーロ圏の各国においては、言語や文化が違うので、資本移動は米国ほど容易ではありません。

ユーロは、ユーロ圏16か国の他、3か国鋳造していて、裏面はそれぞれの国で独自のデザインを採用しています。
つまり、ユーロ圏の加盟国が、不況になった場合、自国通貨を切り下げ、経常収支を改善させることができなくなることを示唆しています。ユーロというのは、簡単に言うと、欧州連合での経済通貨同盟で使用される通貨のことです。
各国は自国の人口をゼロにしようとは思わないので、ユーロへの資本移動に関して、経済の調整メカニズムが機能しなくなることが心配されます。
その際、ユーロは、導入国の通貨にとって代わり、法定通貨となったのです。
そして、紙幣のデザインに関してはユーロは統一されているのですが、印刷されている番号の文字により、印刷された国が判別できるように作られています。

ユーロは、ミルトン・フリードマンがその通しの悪さを予見していることでも、最近注目されています。
そうした場合、ユーロ圏で、経済が好調な国から、不況の国へ財政支援が検討された際、EUが試されることになります。
posted by キャット3号 at 10:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

無料でインターネットで儲ける


オークションを利用してインターネットで儲けることが出来たら、毎日の生活にゆとりが生まれるかもしれませんね。
オークションを利用して不要品を高値で売る事が出来るヤフオクはインターネットで儲ける事を実感できる方法とか。
インターネットで儲ける方法はたくさんありますから、自分にあったものを見つけてみると良いかもしれませんね。
インターネットで儲ける方法を利用して毎日の生活にゆとりが出てきたのも私にとっては嬉しい限り。
アンケートに答えるだけと全く難しくない方法をとるだけでインターネットで儲けることが出来るなんて魅力的ですよね。
私も実際にインターネットで儲ける方法を利用して、かなりの収入を得ています。
なかにはポイントではなく人気の電化製品などを貰う事が可能なインターネットで儲けるアンケートもあるようです。
インターネットで儲けることが出来るアンケートサイトには参加資格などありませんから、誰でもすぐに始めることが出来るのも魅力的かもしれません。
インターネットで儲けることが出来るオークションはヤフオクのほかにも楽天などたくさんあるようなので探してみると良いでしょう。
インターネットで儲けることが簡単なヤフオクはたくさんの人が利用しているので安心なようです。インターネットで儲ける方法でも自己資金も必要なく始めることが最近口コミで話題になっているようです。
posted by キャット3号 at 10:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。