なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月02日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1435
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 10:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロとは


救済される側とする側とで違う政治的圧力が働き、結果、ユーロ圏の政府間での交渉が行き詰ることになります。
その特徴は、準備通貨として、ユーロは、アメリカ合衆国のドルの次に重要な地位にあることです。
その結果、各国の成長の足かせになることが懸念され、米国と違って、ユーロ圏の各国においては、言語や文化が違うので、資本移動は米国ほど容易ではありません。

ユーロは、ユーロ圏16か国の他、3か国鋳造していて、裏面はそれぞれの国で独自のデザインを採用しています。
つまり、ユーロ圏の加盟国が、不況になった場合、自国通貨を切り下げ、経常収支を改善させることができなくなることを示唆しています。ユーロというのは、簡単に言うと、欧州連合での経済通貨同盟で使用される通貨のことです。
各国は自国の人口をゼロにしようとは思わないので、ユーロへの資本移動に関して、経済の調整メカニズムが機能しなくなることが心配されます。
その際、ユーロは、導入国の通貨にとって代わり、法定通貨となったのです。
そして、紙幣のデザインに関してはユーロは統一されているのですが、印刷されている番号の文字により、印刷された国が判別できるように作られています。

ユーロは、ミルトン・フリードマンがその通しの悪さを予見していることでも、最近注目されています。
そうした場合、ユーロ圏で、経済が好調な国から、不況の国へ財政支援が検討された際、EUが試されることになります。
posted by キャット3号 at 10:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。