なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月04日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1437
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:37 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ円


第2の基軸通貨として、各国がユーロに切り替えている状況にあるので、ドルの価値が不安定になった際の代替通貨といっても過言ではありません。
つまり、ドルが売られる場合、ユーロが買われることになり、ドルが買われる場合は、売られるという傾向があります。
それは、ユーロドルの取引高が、ドル円の取引高を上回っていることが原因だと言われています。
ユーロは、円に関しては、トレンドが比較的長く続く通貨であることから、デイトレードにも向いていると言えます。

ユーロの動向は、欧州の景気動向と関連していて、それは、ドイツマルクの代替としての要素も兼ねているからです。
そのため、ユーロの動きを見るには、ドイツの景況感を表す指標、もしくは雇用統計などに注意しなければなりません。
ただ、ドルは安全通貨としての位置づけがあるので、株式が下落すると、ドルが買われて、ユーロが売られるというパターンも多いです。
つまり、ユーロ円については、トレンドに沿った取引をすればよく、トレンドは数週間程度で反転しますが、チャートで売買のタイミングを計れば、失敗することはありません。ユーロは現在、ヨーロッパのほとんどの国で導入されている通貨で、ドルに次いで実力のある通貨として評価されています。
ユーロ円の特徴は、ドルの影響を強く受けることにあり、米国株式市場において下落が止まらない場合は、ドル安に誘導するような発言がでることもあります。
posted by キャット3号 at 11:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。