なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1438
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ圏


その圏で使われている通貨こそが、ユーロであり、こうした統一は、大きな意味があります。
これまで、世界各国の政府が保有する外貨準備に関しては、ドルがほとんどだったのですが、最近では、ユーロの比率が高まっている傾向にあります。
また、為替市場においては、ユーロドルの取引量が一番多いという傾向にあり、高い流動性を示しています。
欧州のユーロと英国のポンドは、どちらもヨーロッパの通貨なので、共に欧州通貨と呼ばれています。
そうしてできた、統一経済圏のことをユーロ圏と呼んでいるわけです。
そして、欧州委員会が発表するユーロ圏全体の経済指標についても、かなり重要と言っていいでしょう。

ユーロ圏はかなり広く、各国のファンダメンタルズはまちまちなので、見極めが必要です。
相場については、ユーロは、他の通貨と同じように、ファンダメンタルズの情勢に強い影響を受ける性質があります。
EUに参加している国は、ドイツやフランスをはじめ、スペイン、イタリア、オランダなどヨーロッパの多くの国で、そうした国がユーロを使用しています。
そして、徐々にユーロは、その存在感を高めつつある状況にあります。
中でも、経済研究所が発表する指標や、欧州経済研究センターが発表する指標は、ユーロ圏の動向をみる上で、重要です。
posted by キャット3号 at 11:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。