なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月06日

ユーロの両替


これらはごく微妙な差で、続いて4位が郵便局の 4円、5位がりそな銀行 の4.17円という結果が、ユーロの両替については、その統計が出ています。
それに対して、大手銀行や郵便局の場合、ユーロの両替は、どんなに安くても、3円94銭〜6円06銭の手数料がかかります。
ちなみに、3位の三菱東京UFJ銀行と、マネックス証券、マネーパートナーズとのユーロの両替の差は、19.7倍にもなります。
優遇レートがユーロでは適応されることもあるので、金融機関でもっともお得な方法を模索すべきです。

ユーロの両替に関しては、大手銀行でする場合よりも、さらにお得な両替方法があります。
そして、ユーロの両替で2位は、マネーパートナーズで、ここも、マネックス証券と同様、FX業者になり、20銭で両替ができます。
ランキングを見るとすぐにわかるのですが、ユーロの両替に関しては、マネックス証券の場合、20銭という格安の手数料で、両替ができるのです。
そして、マネックス証券の場合、ユーロの両替が安いだけではなく、今なら、51,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
ユーロの両替で安い3位は三菱東京UFJ銀行で、ここでようやく、銀行が入ってくるということになります。
総合的にまとめると、ユーロの両替の手数料についての順位は、1位が三菱東京UFJの 4円、2位が三井住友の 4円、3位がみずほ銀行の 4円となります。
まず、ユーロの両替で1位は、20銭でできる、マネックス証券が挙げられます。
posted by キャット3号 at 11:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。