なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1439
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 11:41 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ加盟国


ただ、加盟国でも、国内全域でユーロだけが使われているわけではないところに、複雑さを感じます。
どうも、ユーロの加盟国のうち、ギリシャという国が、まずいことをやらかしたみたいなんです。ユーロですが、このごろいろいろと、ニュースなどでよく耳にする言葉ですよね。
なんだか、ユーロの危機らしいのですが、みなさんも、きっとご存知だと思いますがね。
ユーロだからヨーロッパの国は何でも加盟国というわけにはいかないみたいなんですよ。
まあ、ユーロですから、加盟国というともちろんヨーロッパの国ばっかりですよね。
ユーロだとかEUだとか、なかなかヨーロッパという地域は複雑な感じがしますね。
調べたところ、現在、ユーロの加盟国は17カ国となっているようですね、ネットの情報によると。
ヨーロッパとか、EUとか、ユーロとか、加盟国は全部違ってくるみたいなんです。
なんて思ったのですが、なんと、ユーロの加盟国の中にイギリスはないんですよ。
ちなみに、バチカンもユーロの加盟国となっていませんが、バチカンは国連にも加盟していませんでしたっけ。
スイスは永世中立国ということになっていますし、ユーロの加盟国になっていないのもわかる気がします。
posted by キャット3号 at 11:40 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。