なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月16日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1448
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:11 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リゾート会員権の仕訳


リゾート会員権の仕訳に関しては、投資その他の資産の部には、投資入会金などの勘定科目を設けることで、そこに入れるべきでしょう。
その場合のリゾート会員権の購入時の仕訳については、土地と建物の区分所有ということで、しっかりとした仕訳が必要になってきます。
リゾート会員権の仕訳については、複数の権利が混在する場合は、会計処理や税務処理に関する説明資料が送られてくるので、それにより処理するのが無難です。
そうした場合、リゾート会員権の仕訳をする場合、しっかりとしてた考え方が必要になってきます。
別荘の所有は、利用していないときでも部屋の掃除や庭の樹木などの手入れが要ですが、リゾート会員権によるリゾート施設の場合は、一定額の負担で済みます。
そして、リゾート会員権の仕訳に該当する部分としては、土地、建物、勘定、そして、会員権部分については、会員権勘定が考えられます。
また、リゾート会員権の預け保証金については、仕訳は、その他の投資で、保証金を分けて処理する方が良いでしょう。

リゾート会員権の仕訳については、一概にどう処理するということはいえないことになります。
リゾート会員権の場合、その他の投資として処理するのが普通で、仕訳の勘定科目は会員権とはしません。
そして、実質的な面では、リゾート会員権の場合、別荘を所有することと比較して、初期導入コスト面が廉価であることです。
posted by キャット3号 at 13:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。