なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月17日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1449
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リゾート会員権の減損


一方、リゾート会員権の共有制については、リゾート施設の不動産とに着目した方法で、これはリゾートの一部屋を何人かで共有します。
そして、リゾート会員権の預託金制というのは、ゴルフ会員権の場合と同様であると考えて良いでしょう。
リゾートクラブは会員を募り、預託金を集め、その資金でリゾート施設を開発して、リゾート会員権を持つ会員はその施設の利用権を取得することになります。
不況になると、よほど事業主体会社の経営基盤が強いところでない限り、リゾート会員権の価値はかなり下落することになります。
そして、リゾート会員権で購入した資産については、本人名義で不動産登記されることになるので、所有権の共有持分ということになります。
当然のことですが、リゾート会員権なので、第三者に売却した場合、差額は売却減損として計上することができます。リゾート会員権と言えば、大きく分けると、預託金制と共有制に分けることができます。
日本のリゾートクラブには、リゾートトラスト、東急ハーヴェストクラブなど大手のリゾート会員権があります。

リゾート会員権が共有制クラブの場合、会員権の最低価格は、不動産の資産価値と等しいことになります。
そして、リゾート会員権の預託金については、一定期間経過後、会員から申し出があった場合、返還する義務があります。
posted by キャット3号 at 13:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。