なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年10月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1452
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 13:51 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リゾート会員権の評価


しかし、そのことは、それだけ淘汰されていることを示していて、市場性のあるリゾート会員権については、安全性が高いということも言えます。
フェアマーケットでは、取引価格については、過去から現在までの蓄積されたデータに基づいているので、リゾート会員権の会員権業者の恣意が入る余地がないのです。
これまでのリゾート会員権の価格は、業者の買取価格だったので、業者の取引経験で価格を算定するしかありませんでした。

リゾート会員権の価格が相手によって大きく異なるということが、しばしば起こっていました。
つまり、消費者同士がリゾート会員権価格について交渉し、売買を成立させるという、相対取引でのピュアな価格を実現しています。
リゾート会員権の正しい価格は、需要と供給のバランスで形成される取引価格を評価基準とすべきなのです。
リゾート会員権の価格評価を見ると、法人の時価会計に対応する価格査定についても、理論的根拠を与えることができます。
今では、リゾート会員権を有するリゾートクラブ運営会社は50社くらいありますが、実際に取引されているのはごく僅かです。
流通市場はリゾート会員権については、除々に形成されつつあるのですが、ゴルフ会員権市場と違って、まだ歴史が浅く、規模的にも社会な認知度はあまりありません。
フェアマーケットでは、リゾート会員権の売却価格が即、購入価格となる単一の相場になっているので、相場価格そのものが会員権価格として評価できる仕組みになっています。
posted by キャット3号 at 13:50 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。