なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1486
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 22:21 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法人の資産運用方法とは

法人の資産運用方法というのは、一番の個人のそれとは異なるので、認識しておく必要があります。
日本でも、超低金利時代に突入したことから、財団法人、社団法人などを含む法人の資産運用方法の問題が取り上げられてきています。
非営利団体の活動資金の大半は、出捐者、寄付者、会員などが善意で拠出した基金に基づいているので、結果的にそれは法人の資産運用方法に結びついてきます。
その点、法人の資産運用方法を利用すれば、個人の所得金額をコントロールできるので、個人の税金を低く抑えられます。
法人の資産運用方法を利用することで、株の配当金や、投資信託の分配金などの利金から徴収されていた税金が還付されることがあります。
法人の団体の中には、法人の資産運用方法を推進するため、資産運用規程を盛り込んでいるところもあります。
真剣に資産や基金の運用に取り組むことが必要になってきているわけで、そんな中、今、法人の資産運用方法は、注目を集めていいます。
個人の資産運用だけでなく、国全体として、法人の資産運用方法の問題は、今後、大きな課題になることでしょう。

法人の資産運用方法は、欧米の団体でも、大切な方法として尊重されていて、実際に機能しています。
個人で資産運用した場合、法人の資産運用方法と比べて、個人所得が増えてしまい、住民税や社会保険料が上がるデメリットがあります。
黒字決算の場合、法人の資産運用方法を駆使すると、繰越欠損金がある場合、税金は法人税の均等割と、消費税だけの納税で済むことになります。
posted by キャット3号 at 22:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。