なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年12月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari03.blog105.fc2.com/?m&no=1487
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/
posted by キャット3号 at 22:37 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家計簿とは


特に浪費家の妻だと、節約や貯金を促すために、夫や姑が煩く言う事もありますよね。

家計簿というのは、貧乏人の私にしてみれば、我が家の貧困を明らかにするような気がしてどうもね、付ける気になりません。
きちんと家計簿を付けていれば、マイナスになるはずがないんじゃないかって思うんですけど・・・。
まあ会社でいう帳簿な訳ですが、会社と違って、家庭内ではある程度杯って来るお金と出て行くお金というのは決まって来ると思うんですね。
実際、年始めに毎年今年こそはって言いながら、日記と同じで、三日坊主に終わっちゃってる方も多いはずですよ。
にも関わらず、ただの一度も付けた事のない私は、結構すごいかもって思ったりもして・・・。
家計簿というのは、ようするに家計の収支を記録する事で、支出が収入を上回るのを避けようというものじゃないですか。
勿論、その後時代とともに進化し、素材や中身の形状は随分変わって来ている事でしょう。
けれど、どうやら明治時代に出されたこれが日本の家計簿の走りらしく、100年以上も前からあったというのは驚きですね。
ただ、最近はパソコンや携帯電話で簡単に家計簿が付けられる時代。
関連のブログやサイトには、そういう情報も沢山掲載されているので、そういうのを参考に遊べる家計簿を付けてみるのも面白いかも知れませんね。
posted by キャット3号 at 22:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。