なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2011年12月29日

儲かるのか太陽光発電


特に屋外の設備ならなおさらなので、投資回収期間が20年となれば、永遠に回収できない感じがして、儲かる予感はかなり低くなります。
太陽光発電の性能を維持できなくなってきた場合は、それだけコストがかかるので、儲かるという意味合いかそれだけ薄れてきます。

儲かる話というのは基本的には簡単なものはありませんが、太陽光発電での10年と20年の差はかなり大きいと言えます。
実は儲かるというのは、順調に太陽光発電が実施され、家庭内で使用しきれなかった電力を電力会社に売ることができた場合です。
そのため、太陽光発電で儲かると言われても、それはどういうことなのか、と疑問がわきます。
ただ、太陽光発電で節電をすると、意外と早く初期費用の取り返しができて、それに毎月の発電量があれば、儲かるという話は、まんざら嘘ではありません。
今の太陽光発電の制度なら、大体、10年〜20年くらいで投資を回収できそうなので、儲かるのかどうかは微妙なところです。
つまり、これまでの倍になるので、太陽光発電は、儲かると言われているわけです。
気になるのは、太陽光発電で儲かる額ですが、その額は、大体1kwで25円くらいと言われています。
しかし、太陽光発電は、初期投資に大体、100万以上はかかるので、儲かると言っても、初めに資金が必要になります。儲かると言えば、最近では、太陽光発電がよく取り挙げられていて、話題になっています。
posted by キャット3号 at 12:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。