なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年02月21日

アジア株とは


アジア株が注目を集めるのも無理はないのではないかとも思います。
確かに昨今、アジア株に限らず外国株が人気ですよね。
まあしばらくは、アジア株についてのブログやサイトを読んであれこれ考えている程度だと思います。
やはりアジア諸国、中国や韓国やタイなどの株がアジア株なのでしょうか。
でもそれは今のところの話で、これからはアジア株にもちょっと目を向けてみようかとは思っています。
けれど、外国株をやっている人の多くがアジア株にも手を出しているのでしょうか。
ならばアジア株というのは、中国やベトナム、タイ、インド、韓国、シンガポール当たりの事を指すのでしょうか。
そこで、調べてみたところ、主にSTとハンセン、それに海B株と韓国総合という市場に上場されている株がアジア株にあたるそうですね。
ただし、ベトナム株はアジア株には含まれていないものの、結構やっている人も多いそうですね。
アジア株に関するブログやサイトを読んでいると、面白いだけでなく、今後大きなポイントになって来るのではないかと思うからです。
勿論私は株なんてやってないし、アジア株に対して興味はありません。

アジア株の動きが日本国内の株価にも影響を与える事はあって、常に目を離せない状況だと聞きました。
posted by キャット3号 at 21:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。