なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年06月23日

税務調査と個人事業主


個人事業主の場合、経営を自分で行っているので、納税の際に非常に記載漏れや収益上乗せなどをつい行ってしまい、税務調査を受けることになるそうです。
まださほど収益が上がっていない個人事業主の場合には税務調査は、ほとんど縁がありません。
いったい個人事業者がどのように税務調査を逃れているのでしょうか。

税務調査がどうして個人事業主を標的にしていくのかという理由は不明な点が多いのですが、狙われやすいことは確かです。
やはり個人事業主の場合には税務調査が入ったら、その日は仕事ができなくなってしまいますから死活問題といえるでしょう。
会社と個人事業者では税務調査で狙われやすくなっているのは、やはり個人事業主のほうかもしれないようです。
特に個人事業主の中でも自由業の場合、どういうわけなのか、税務調査の標的にされることがかなり多いようなのです。
ある作家の方はもともと経理を行っていたので、自分で完璧に帳簿をつけ、個人事業主として自信を持っていたそうですが、それでも入るのが税務調査なのです。税務調査は会社にとっても非常に怖いことではありますが、個人事業主ともなれば、さらに恐ろしいものなのだそうです。
ところが個人事業主が必死になって働いた毛結果、急激に収益を伸ばして言った場合には、かなりの確率で現れるのが税務調査です。
posted by キャット3号 at 18:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。