なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年06月30日

税務調査の時効


しかしながら税務調査の結果、無申告であったり、帳簿をごまかしている場合になってしまったならば、時効は7年にまで跳ね上がります。
ところが、すでに納めるべき税額が決まっているにもかかわらず、滞納していたりすれば無期限になってしまうのが税務調査です。

税務調査の時効は5年、7年といわれていますが、基本的には無期限になる場合のほうが多いのだそうです。
税務調査が一回でも行われると、非常にそのあとからも納税金額が正確なのかどうかをチェックされやすくなるのだそうです。
そのためにはやはり正確な納税をしっかりと行うというということは非常に大事ですし、なによりも税務調査から逃れられます。
ですから時効がないということを覚えておき、正確な納税を行うことを心がけて、避けておきたいのが税務調査です。
時効がないのが税務調査なのですから、こればかりは腕がいい税理士さんであっても、どうにかすることは不可能なようです。
それだけきちんと納税を行うということは大事なことであって、税務調査で指摘されるようにならないようにしなければならないのです。
ですから決して逃れられないものであることをきちんと知っておいたほうがいいといわれるのが、税務調査なのです。
ですから税務調査の時効は、大きく考えてみれば、無期限であると考えていたほうがいいそうなのです。
posted by キャット3号 at 19:20 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。