なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年07月25日

FXの税金と必要経費


こうやってみると、やっぱりFXの税金に認められる経費って、そう大きなものはないんですよねぇ。
勿論FXの税金を払ったからと言って、損をするという事はないんだろうけど。
とは言え、経費というのはあくまでもその収入を得るために必要な費用、実際のところ、FXをやるのに、どれだけのお金がかかるのかっていう事ですよね。
されど、実際のところは、FXの税金をいざ申告してみないとどの位の経費が認められるのかは判らないみたい。
でも皆さん、やっぱりFXの税金は、出来るだけ払いたくはないみたいですよね。
FXの税金の計算の仕方も含めて、ちょっと気になったので、調べてみました。
ようするに、取り引きしたり情報を集めたりするための通信費ですね、携帯電話とか、インターネットのプロバイザー費とか。
中には新しいパソコンを買ったお陰で、その年のFXの税金が安くなったという人もいるようです。
パソコンを買ってFXの税金が安くなるというのは、ちょっとお得な話。
でも、パソコンなんてそう何台も必要なものでもないし、頻繁に買い替えるものでもありません。

FXの税金を計算する上で、強い味方になってくれる必要経費ですが、これがそれほど多くないから、きっとみんな何とか誤魔化そうとするんでしょうね。
それに何より、そうしょっちゅうパソコンを買っていたら、実際のところFXの税金対策にはならないような気がします。
FXは、今から10年位前に改正外為法が規制緩和され、一気に個人投資家が増えたと言われています。
そう言えば去年、どこかの校長先生がFXの税金を誤魔化そうとしていたというニュースを見ました。
やはり株やFXなどは普通のビジネスとは違い、経費と看做されるものが少ないから、何かと大変なんでしょうね。
posted by キャット3号 at 23:30 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。