なぜ、多くの人は、
俗に「騙し」と呼ばれるこの理不尽な動きに騙されてしまうのか?

なぜ、多くの人は「勝てる」と言われている手法を使いながらも
思うように成績を残せていないのか?

FX界に潜むこの難敵に真っ向から挑み、その打開策を導き出したFX投資法。


騙しに騙されることが少なく、
利益と損失のバランスが取れていて勝率66%の投資法。
シンプルな判断基準でエントリーに迷うこと少ない投資法。

こんな投資法なら、あなたもFXで勝てそうな気がしてきませんか?

騙しを攻略し安定して勝つFX投資法【マルチエスティメイトFX】



2012年12月22日

源泉徴収とは



源泉徴収は、特例納付を上手く利用することが肝で、その条件を満たす場合には活用すべきでしょう。
ただ、給与の支払いを受ける者が常時10人未満のところは、源泉徴収に関して、少し規定が変わります。
税金は国が直接徴収することになっていますが、源泉徴収に関しては、義務者制度が設けられています。
つまり、特例の源泉徴収納付期間を利用すれば、資金繰りを楽にできるというメリットがあるわけです。
支払いを受けるものによって源泉徴収は区分されていて、それは、日本に住所を有するもので、1年以上の居住要件が必要です。
ただ、この場合の源泉徴収の納付に関しては、承認を受ける必要があり、また、納期特例の承認に関する申請書を提出しなければなりません。
また、源泉徴収というし、弁護士や税理士などに対する報酬についてもしっかり対象となるので、日々の生活に深い関係があります。

源泉徴収は、事業者が給与、退職金、報酬を支払う際に、所得税を徴収し、翌月10日までに納付するということが義務付けられています。
つまり、所得の支払いをする者が、源泉徴収で税金を徴収し、納付する義務を負うと言う形になっているのです。
所得の支払者が、給与支払時に所定の所得税を徴収し、国に納付するのが源泉徴収なのです。
posted by キャット3号 at 00:10 | Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。